アルゴリズム論特論(塩田)2022年度

  • この講義では、公開鍵暗号を題材にしてアルゴリズムと計算量の講義します。
  • 感染拡大状況にもよりますが、当初は対面で実施します。
  • 5月2日(月)分は非同期型オンラインで勉強してください。
  • 講義室は情報科学棟4階401号室です。
  • オンライン教材も upload しておきます。

講義予定

授業日講義内容(予定)
第1回4月18日ビット長、$O$ 記法、四則演算の計算量
第2回4月25日最大公約数、$ax+by$ の形の数
第3回5月2日ユークリッドのアルゴリズム
第4回5月9日ユークリッドのアルゴリズムの計算量
第5回5月16日合同式、フェルマの小定理
第6回5月23日法演算における除算
第7回5月30日剰余類、オイラーの定理
第8回6月6日RSA暗号の設計、高速べき乗アルゴリズム
第9回6月13日素数判定、素数生成
第10回6月20日素因数分解アルゴリズム、RSA 暗号に使ってはいけない危険な鍵
第11回6月27日離散対数問題
第12回7月4日Diffie-Hellman 鍵交換システム
第13回7月11日中国剰余アルゴリズム
第14回7月18日中国剰余アルゴリズムの応用
第14回7月25日本講義のまとめ

参考

トップページ