清音・濁音   ― 塩田研一覚書帳 ―

 「塩田」は「しおた」とも「しおだ」とも読みます。 私は「しおた」の方です。 「田」の字を清音・濁音の両方で読む苗字は他に「植田」さんなどもありますが、割りと珍しいのではないでしょうか。
 小学校では同じクラスに「しおだ」君がいました。 数学者にも「しおだ」先生がおられて「ご親戚ですか」と聞かれることがしばしばありました。

 高校の同級生には「賀藤」と書いて「かとう」と読む子がいました。 「『がとう』ちゃうんか」と言われても別に怒りもしない穏やかな子でしたが。

 その「賀」の字、忍者の里として有名な滋賀県の甲賀も清音で「こうか」と読みます。 伊賀・甲賀と対で呼ばれることが多いので伊賀につられて濁音で呼ばれてしまいますが、 鹿深(かふか)氏という古代の豪族に由来すると言われ、甲賀郡甲賀町の時代から今の甲賀市も全て清音です。
 なんてことを知っていると、映画も、時代劇も、時代小説も、「こうが」と発音された瞬間に醒めてしまいます。 困ったものです。

 同じ近江の国では、戦国武将の浅井長政(淀君の父親)が逆に濁音の「あざい」です。

 米原の読みは清濁が変わってしまいました。 もともとは清音の「まいはら」だったのですが、新幹線の駅などが濁音で知名度を上げてしまったがために、 米原市になるときに市名は濁音に変え、中心地だけが清音を残しています。 インターチェンジ名は一旦町名に合わせて清音に直したのに、市名に合わせてまた濁音に変えたそうです。

 高知空港のある南国市は清音の「なんこく」。 ただし、南国市は1959年に発足した際に投票で決まった市名で、歴史がある訳ではないようです。 とは言えサービスエリアは市名を無視して濁音で名付けられていて、 米原といい、南国といい、中央の人のすることは思いやりが無い気が致しますね。

戻る